【令和2年予備論文再現答案まとめ】サイコロを振り続けよう。【頑張るために少し休む】

【令和2年予備論文再現答案まとめ】頑張るために少し休む。【愚痴あり】

どーも。エクソロです。

再現答案、何とか書き上げました。

>>令和2年予備論文試験再現答案:憲法

>>令和2年予備論文試験再現答案:行政法

>>令和2年予備論文試験再現答案:刑法

>>令和2年予備論文試験再現答案:刑訴

>>令和2年予備論文試験再現答案:一般教養

>>令和2年予備論文試験再現答案:民事実務

>>令和2年予備論文試験再現答案:刑事実務

>>令和2年予備論文試験再現答案:民法

>>令和2年予備論文試験再現答案:商法

>>令和2年予備論文試験再現答案:民訴

「再現答案を書かないと、いつまでたっても令和2年予備論文の呪縛から逃れられない!」

と思い、頑張りました。笑

去年よりはだいぶ再現が楽だったようにも感じますが、これも成長かなと思います。

クソ答案なので、遠慮なく評価していただければ幸いです。

5chも少し見ました。

評価してくださった方ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

ちなみに憲法で「緩やかな基準はとらないほうがいい」と添削で言われることもありますが、中村先生は緩やかな基準を結構使います。

なので、緩やかな基準自体は問題ないと思っています。

ただ、今回の問題で緩やかな基準はまずかったですかね?

問題文の事情等から上げ下げして導き出した基準ですが。。

中村先生の書き方は、特に憲法は過小評価されてると信じたい。)

しかし、致命的なミスを発見して、「もう1年か」とやるせない気持ちです。。

でも自分の実力なので仕方がないですね。

日々研鑽を積んでサイコロの目を増やしつつ、年に1回サイコロを振り続けるしかありません。

「サイコロ」というのは、予備試験も運ゲーの要素があるということです。

合格者も問題によって入れ替わる層もいます。

なので、試行回数を増やすのは有用です。

たしかに運に左右されないくらいぶっちぎりの力をつければ問題ありませんが。

仮に目が「6」以上で合格なら、目が「6~11」のサイコロを作ればいつも受かります。

ただ、実際にそんなサイコロを作るのは難しいです。

でも年に1度しかサイコロを振れないので、できる限り良いサイコロを作らねばと思います。

なので、コツコツ継続していきます。

ちなみに「継続が大事!」とはいいますが、継続それ自体ではなく(継続は『大前提』!)、継続する過程で「成長すること」、「成長を感じられること」が大切だと思います。

そのために大事になってくるのが『努力の方向性』です。

特に結果を出さないといけない世界では、『努力の方向性』が大切だと思います。

ぼくは幸いなことに自分の成長は感じられているので、努力の方向性は合ってるのかなーとも思いますが(実際はわかりません)。

仮に成長を実感できないのであれば、撤退するのもありだと思います。

試験勉強ばかりが人生ではありませんし。

それに、しばらく間をおいてから復帰すると意外と開花することもあります。

とにかく今後行き詰っても、

「これだけ試験勉強に費やしたんだから」

という発想で勉強を続けるのはやめようと思います。

あー、とにかく頑張ろう。

そのために少し休む。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする