メインテキストは逐条テキストに決めました。

逐条テキストと肢別本

こんにちは。

エクソロです。

前回「肢別本を鬼回します。」で言っていた逐条テキストが今日届きました。

この逐条テキストと肢別本があれば予備試験・司法試験の短答対策はバッチリですね。

これらの教材をやりつつ、あとは論述の書籍を随時買っていきたいと思います。

いきなりですが、LECの講座を受けているぼくがなぜほかのテキストに走るんだ?という話です。

まずLECにはセブンサミットテキストという素晴らしいテキストがあります。

このセブンサミットは、LECの長年の指導ノウハウが詰まった最高のテキストのうちの一つです。

しかし、セブンサミットはぶ厚くてぼくにはちょっと扱いづらい。

テキストというか辞書のような・・・。

しかもLECの柴田先生の講義はセブンサミットを使わずに、レジュメだけで進んでいく。

それならレジュメを完璧に仕上げればいっかー。

とも思いましたが、このレジュメだけでは情報量・網羅性ががあまりにもなさすぎるのでは・・・。

よって、レジュメより情報量があってセブンサミットよりは少ないテキストがいい!

ということでテキストになりそうなものを探していたら、各予備校が出版している市販の「択一六法」にいきつきました。

レジュメ<択一六法<セブンサミットテキスト

情報量・網羅性でいえばこんな感じです。

各予備校が出している択一六法は以下のものがあります。

  • 司法試験完全整理択一六法(LEC)
  • 条文・判例本(辰巳)
  • 逐条テキスト(Wセミナー)
  • 伊藤真の条文シリーズ(弘文堂)

4つあるけどどれにしようか?

よく見る有名どころはLECの『司法試験完全整理択一六法』だけど・・・。

実際に見てみないとわからないよなということで、とりあえず本屋さんに行って手にとって比較してみました(比べたのはLEC、辰巳、Wセミナーです)。

その結果、逐条テキストがほかの二つと比べて薄くて余白が多くて使いやすそう!

なので逐条テキストにしようかなとその時点で8割方決めました。

そして最後に背中を押してくれたのがホシノさんの以下の記事です。
↓↓↓↓↓↓↓
短答対策!司法試験・予備試験「逐条テキスト」(早稲田経営出版)をオススメします!

逐条テキストのいいところがたくさん書いてあります。

これでもうメインテキストは逐条テキストに決まり!

ということで資格取得応援キャンペーン実施中のCyberBookStoreで早速注文しました。

そして注文してから3日後到着。

届いた逐条テキスト

全7科目購入して1万5034円で済みました。

これだけ買ってこの値段は安いですよね。

TACのサイトは常時10~15%OFFになってます(たまにセールでもっと安くなってます)。

逐条テキスト、短答過去問集、スタンダード100(論文問題集)をセットで買うと全部15%OFFとなり、本屋やAmazonで買うより1万1000円以上浮くので貧困受験生には有難い存在です。

何か新しい教材に手をつけようと思っている人はTACのサイトを是非どうぞ。

>>【公式】資格書ならTAC出版の★CyberBookStore★

さて、辰巳の肢別本を解いていますが、趣旨や理由がちゃんと書いてあって一つひとつ肢を解くだけでもかなり勉強になります。

本当にいい問題集です。

そんな肢別本に今回買った逐条テキストを加えれば、鬼に金棒!

そういうことなので、短答対策頑張ります。